スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デビサバ備忘録

デビルサバイバーで二次創作を作るための備忘録…というか台詞補完。
やりなおすのが面倒だとかそういうことじゃないんだからね!?
一番最初に頭に浮かんだのはナオヤ×主人公でした。
…だって一番スムーズにコトに持ち込みやすいんだもの…。




ナオヤ「さて…ゲームには景品が必要だな?
    そうだな…結果次第では、お前たちの質問に答えてやろう」
ナオヤ「フフフ…そうだ、従弟は素直な方が可愛げがある」
ナオヤ「…俺という人間を、良く理解しているじゃないか」

ナオヤ「フフ…お前の前にいるのは誰だ? 俺に不可能などない」



ナオヤ「巫女を借り受けに来た。退け、ザコども…」

天使レミエル「来ましたね、●●直哉…いえ、神の子、カイン」
天使レミエル「…やはり、イザ・ベルの力を、狙っていましたか」
ナオヤ「…おや、これはこれは。クックックッ…、
     天使どののお出ましとは…!」
天使レミエル「…我が名は天使レミエル」
「御主の命により、お前の叛旗を手折りにやって来ました。…覚悟なさい」

ナオヤ「フ…フフフ…ッハハハハ! 忌々しい天使どもめ…!」
ナオヤ「だが、その身体にいては、本来の力を振るえまい。
     …俺に勝てるか?」

カイドー「オイ、アンタの私情は後でやれ。
     …オレらの目的は巫女だ。サッサと仕事を片付けンぞ」


ナオヤ「…構わん。邪魔者は蹴散らせ」
ナオヤ「…それと巫女は、連れて行く時に暴れられても面倒だ。
     気絶させろ」

カイドー「フン…了解だ。
     ようするに何のエンリョも要らねえって事だな…!」

【主人公戦闘前会話】
天使レミエル
「残念です、●●。あなたには神の子として、人々を導いて欲しかった…」
「しかし…真の魔王になるというのなら、
 その芽は摘まなければなりません…!」

【カイドー戦闘前会話】
天使レミエル「哀しき者よ…。
         あなたは、力に支配されているだけなのです」
カイドー「クククッ…だったら、もっと強くなって、
     オレが力を支配するまでヨ…」

【ナオヤ戦闘前会話】
ナオヤ「さぁ…イザ・ベルの力、こちらへ頂こうか…!」
天使レミエル「これがお前の狙いでしたか、神の子、カインよ…!
         御主は哀しんでおられます!」



天使レミエル
「…何という力。
 イザ・ベルを抑えたままでは、あなたたちに勝てませんか…」


【イザ・ベル戦後】
アマネ
「…礼を述べておきましょう。ですが、あなた方と私は、今や仇同士…」
「次に会う時はレミエルの力を借り、私は全力で、あなた方を討つでしょう」

ナオヤ
「フフ…楽しみにしているぞ?
 我々も、次はお前を殺す事に、何のためらいもないのだからな…」

スポンサーサイト

テーマ : 女神異聞録デビルサバイバー - ジャンル : ゲーム

<< 夏コミ申し込み完了… | ホーム | あけましたりおめでたり今年の展望だったり >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。